2017/09/26 at 10:45am
Home » アクセス移行と確定報酬 » 実例から見る、出会い系ブログ開始3ヶ月目のアクセス移行
実例から見る、出会い系ブログ開始3ヶ月目のアクセス移行

実例から見る、出会い系ブログ開始3ヶ月目のアクセス移行

何気なく始めたアフィリエイトで、初の報酬が出始めた月であります。この辺から、本格的にアフィリエイトに取り組み、さらなる報酬UPの為に色々と試行錯誤した月でもあります。そして、とある対策でアクセスが爆発しました。

出会い系ブログ設立3ヶ月目のアクセス解析

出会い系ブログを立ち上げ3ヶ月目のアクセスです。

アフィリエイトを始め、初めて報酬が確定したのが2013年8月頭です。当初、WEBの知識はあったのでブログ設立や運営は出来たのですが、SEOやアフィリエイトが未経験でしたので、報酬が発生するまでは3ヶ月目は不安との戦いでした。

アクセスも伸び始め、1日に100前後のアクセスを安定的に記録しています。この時点で、確かな手応えを感じましたので、WEBの勉強に加え、アフィリエイトに関する知識と、SEOに関する情報をかき集めました。

ちなみにですが、ブログ設立後の1ヶ月目と2ヶ月目は、それ程SEOの知識もなく、好きな事を適当に書き綴ったのみの記事で構成されていました。

ブログ設立後3ヶ月目にアクセスアップの為に施した事

SEOをあまり意識せずに更新していたのですが、報酬が発生したことも相まって、SEOを本格的に意識した記事更新を心がけました。他にも、8月は、色々とサイト構成を変更した月でもあります。

googleアナリティクス_歴史

特に大きい変更点は、アクセス図に赤文字で書いてある変更点です。

SEOを意識したサイトタイトルの変更

サイトタイトルの変更はリスクを伴う作業です。

当ブログの記事で、サイトタイトルはSEO面で重要という内容を書いたのですが、僕自身がそのタブーを踏んでいたので、思い切ってサイトタイトルを変更しました。当時のサイト名は「出会い系体験談」という、なんとも勿体無いサイトタイトルでした。

サイトタイトルの変更は、吉と出るか凶と出るかギャンブルですが、僕の場合は吉と出たそうです。サイトタイトルの変更がgoogleアルゴリズムにスパム扱いされると、翌日から検索表示数が下がってしまい、アクセス数の低下を招きます。

アクセス以降グラフを見ると、アクセス数も下がることなくジワジワと上がっています。

All in SEO プラグインの導入

導入後のアクセス増加は笑えますよね。笑

SEO対策がどれだけアクセス数に影響を及ぼしているかが見受けれます。元々SEOに強いwordpressの力を借りてアクセス数を伸ばしていたのですが、All in SEOプラグインの導入で、それをさらに加速させる形となりました。

All in SEOプラグインの導入で、メタタグのdescriptionを個別に書き込めるようになったのが強いのかもしれません。後、プラグインを導入した事によって、メタタグにkeywordsも細かく設定するようにしました。

keywordsタグがSEO面に、どう関係するのかは賛否両論されているのですが、僕は書かないよりかは確実に書いたほうが良いという考え方を持っているので、毎回記事に適したkeywordsタグを記入しています。

サイトタイトル変更と、SEOプラグインを導入する事によって、8月後半はアクセスが2、3倍伸びる結果となりました。

出会い系アフィリエイトは後発組でも簡単に稼げる穴場アフィリエイトと言えます。それに、報酬も業界水準より大幅に高額ですので、アフィリエイト成果も早く得ることが出来るでしょう。是非、出会い系アフィリエイトネットで技術を学んで頂き、貴方もアフィリエイトを開始し、高額報酬を得ましょう。

About You@出会い系アフィリエイター

You@出会い系アフィリエイター
出会い系サイトの土俵で、アフィリエイトに初参戦。開始5ヶ月で月収入20万円を突破しました。その方法やノウハウを余す事なくお伝えします。等サイトでは、自身の勉強・スキルUPを兼ねた、正しいコンテンツ作りとSEO対策を行う為の情報発信ブログです。皆様が、長期に渡って収入を得れるアフィリエイトブログが保有出来ますよう、鮮度の高い情報を日々発信致します。

コメントを残す

E-mailとwebsiteは必須項目ではありません 必要なフィールドにマークされます *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>