2017/12/17 at 5:38am
Home » アフィリエイト記事 » 更新頻度や記事数によるSEO評価でアクセスアップはするのか
更新頻度や記事数によるSEO評価でアクセスアップはするのか

更新頻度や記事数によるSEO評価でアクセスアップはするのか

記事の数はSEOの評価対象になると唱えられています。ですが、設立当初の若いドメインではSEO評価は望めないとも言われています。僕のファーストサイトと等ブログのアクセス数を比べ、実際の所はどう違いが出たのかを検証してみます。

サイト設立当初は更新頻度や記事数が多くてもSEO評価されにくい

サイト設立から日が浅い場合、googleによるSEO評価はあまり望めません。「アフィリエイト開始時は夢と希望に溢れて更新頻度が増え、記事数は増えるが、中々アクセスアップしない」というのをよく耳にします。

初めて出会い系アフィリエイトに参戦したブログでは平日の1記事更新で一ヶ月で約25件の記事を掲載しました。そして、当ブログ「出会い系アフィリエイト.ネット」もこの記事で25件目の記事となりました。

ファーストブログでは1ヶ月かけ、
出会い系アフィリエイト.ネットでは約10日程です。

サイトのジャンルが違うので、検索ワードの需要の差からアクセスに差が出るとは思うのですが、記事数が同じという面で両サイトのアクセス数を比べてみようかと思います。

記事数25件に達したファーストサイトのアクセス

Googleアナティリスク2
訪問数: 893
ユーザー数: 488

設立後10日間で記事数25件に達した等ブログ

Googleアナティリスク
訪問数: 43
ユーザー数: 5

同じ記事数ですが、著しく差が出ました。
勿論ですが、ファーストサイト制作時より、SEOをより意識した構成で「出会い系アフィリエイトネット」は制作・構成されており、1記事内のボリュームや情報量を見てもファーストサイトより濃い筈なのですが、検索ワードからのアクセスは伸びません。

つまり、記事数=SEO評価に直結する訳ではありません。

更新頻度や掲載記事数によるSEO評価より、まずはドメイン評価

設立当初にSEO評価によるアクセスアップの恩恵を受けないのも「設立から日が浅い為、SEO対策が日の目を見ていない」という結果が見て受け取れます。

こういった知識がない状態で、ブログ開設時にヤル気に溢れた状態になり、多くの記事を更新しても、このアクセス数だと心が萎えてしまいそうです。

アクセス数比較画像での両サイトに掲載されている記事数は同じですが、アクセス数に圧倒的な差がついています。実際に試していないのですが、仮に「出会い系アフィリエイト.ネット」に記事数が100記事あっても同じような結果になっていたかと思われます。

等ブログでは、SEO対策をそれなりに施工してあるので、今のアクセス数と、これから3ヶ月後、半年後、1年後のアクセス数を比べるのが楽しみであります。いかなるSEO対策を講じようと、すぐのアクセスアップには繋がりません。大事なのは持続力です。

「アフィリエイト開始時は夢と希望に溢れて更新頻度が増え、
 記事数は増えるが、中々アクセスアップしない」

初心者が、アフィリエイト開始時にやる気が出て、記事の更新頻度を増やすのは大変結構ですが、アクセスアップを目論んでいる場合、持続力がモノを言うアフィリエイトにおいて後半の息切れにつながるかもしれません。

じっくり、一定のモチベーションを維持して、かつ正しいSEO対策を続ける事がアクセスアップやアフィリエイト報酬獲得への最短ルートです。

出会い系アフィリエイトは後発組でも簡単に稼げる穴場アフィリエイトと言えます。それに、報酬も業界水準より大幅に高額ですので、アフィリエイト成果も早く得ることが出来るでしょう。是非、出会い系アフィリエイトネットで技術を学んで頂き、貴方もアフィリエイトを開始し、高額報酬を得ましょう。

About You@出会い系アフィリエイター

You@出会い系アフィリエイター
出会い系サイトの土俵で、アフィリエイトに初参戦。開始5ヶ月で月収入20万円を突破しました。その方法やノウハウを余す事なくお伝えします。等サイトでは、自身の勉強・スキルUPを兼ねた、正しいコンテンツ作りとSEO対策を行う為の情報発信ブログです。皆様が、長期に渡って収入を得れるアフィリエイトブログが保有出来ますよう、鮮度の高い情報を日々発信致します。

コメントを残す

E-mailとwebsiteは必須項目ではありません 必要なフィールドにマークされます *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>