2017/09/26 at 10:46am
Home » ワードプレス » ワードプレスでアフィリエイトを始める際のメリットとは。
ワードプレスでアフィリエイトを始める際のメリットとは。

ワードプレスでアフィリエイトを始める際のメリットとは。

僕はwebデザイナーを生業にしているのですが、一般の顧客・個人ブロガーからweb制作を依頼される際に“wordpress”という単語を知らないというお客様が数多く見受けられました。

Web界隈ではもはや常識となっている、このwordpressですが、今回はwordpressの詳細と特徴、また、アフィリエイトを行う際のメリットについてを書こうかと思います。

初心者へ贈る、wordpressの詳細と特徴

wordpressは2003年に、Matt Mullenweg(マット・マレンウェッグ)氏と、Mike Little(マイク・リトル)氏の2名で創設された、オープンソースのブログソフトウェアです。これ以上掘り下げると専門知識化や業界用語が乱立し、アフィリエイトの話とは脱線してしまうので割愛します。

簡単に纏めますと

  • 創始者の意向により無料で使用する事が出来る。
  • 独自ドメインでの運用が出来る。
  • 世界中のデザイナーが作ったテンプレートが利用できる。
  • 無料プラグインによる機能拡張化(人気記事・広告追尾etc..)
  • wordpressは毎年進化を続けている
  • Google検索の最高責任者によるSEO面に対するお墨付き

と、いった点がアフィリエイト面で深く関連してくる要点でしょうか。

断言致します。
このwordpressの導入をするかしないかで、成功か失敗かを分け隔てます。

wordpressは無料で利用する事ができる

WEB業界の視点で見て、これ程までに高性能なブログソフトウェアなら、ライセンス料に数万円の金銭が発生してもなんら問題ではありません。数十万であっても安いと思えるくらいです。(一般的に手打ち作業でCMSサイトを制作する場合数十万~100万円が相場)

それを無料で世界中に公開している創始者Matt Mullenweg氏と、Mike Little氏には経緯を払いたい。現在、世界では3200万サイト以上のウェブサイトがWordPressを使って作られています。

the_blog_platforms_of_choice_among_the_top_100_blogs__pingdom_com.w550

世界の人気ブログをランキングしている「Technorati Top100」では、上位に君臨しているブログの多くが WordPress で構成されています。(実際、WordPress は同ランキングのトップ100内で一番多く使われているプラットフォームです)

The blog platforms of choice among the top 100 blogs
http://royal.pingdom.com/2009/01/15/the-blog-platforms-of-choice-among-the-top-100-blogs

実際に、日本国内で検索上位に現れるのは、wordpressで構成されたWEBサイトが殆どで、権威もよく目に入ります。

 

WordPressは独自ドメインで運用する事が出来る

無料ブログでアフィリエイト活動しておられる方を敵に回す訳ではないのですが、僕はアフィリエイトを無料ブログで運営する事は全く持って非推奨です。もし、wordpress等を利用し、独自ドメインで運用されていたなら、同じ作業量でも大きく差が出ているのは間違いありません。

無料ブログを推奨しないのも、この独自ドメイン運用が出来ない件が絡んでいるからです。

これからのSEOの進化を考えると尚の事、先見性を以てしても独自ドメインが有利です。そのへんの記述に関してはSEOのカテゴリーをご覧下さい。

wordpressは世界中のデザイナーが作った無料テーマが存在

wp-head

え?このテーマが無料なの!?

といったデザイン性溢れる物や、機能性溢れるものが無料で提供・公開されています。そのデザイン性や機能は、無料ブログでは足元にも及びません。

こういった所かでもライバルブログと差をつけることが可能です。

 

wordpressはアフィリエイトに欠かせないプラグインが豊富にある

wordpressは、オープンソースで公開され、世界中の技術者やデザイナーによって、wordpressをより効果的に運用することが出来るプラグイン(拡張機能)が豊富に、かつ無料で公開配布されています。

例えば氷山の一角に過ぎないのですが

  • サイドバー横の広告追尾
  • ランダム広告表示
  • 任意の場所にスライドショー
  • 会員制のログインシステム
  • 有料サービス級のアクセス解析
  • メール問い合わせフォーム
  • メルマガ発行

等、これらすべてがボタン1つで拡張する事が出来る、無料のプラグインとして公開されています。どれもWEBデザイナーやプログラマーに外注すると1案件数千円~数万円する内容です。

 

日々進化を続けるwordpress

wordpressは年々進化しています。
利用者も増えることながら、よりその機能は強化され続けています。
Ver. コードネーム リリース日 パッチノート
0.7 2003年5月27日 前身であるb2/cafelogとおなじファイル構造でリリースされた。現在WordPress Release Archiveのページからダウンロードできる最古の版は0.71-goldである。
1.2 Mingus (after Charles Mingus) 2004年5月22日 この版ではプラグインがサポートされた。このときに採用されたのと同じ構造のプラグイン識別ヘッダーが最新版[いつ?]のWordPressでも使われている。
1.5 Strayhorn 2005年2月17日 この版ではいくつかの重要な機能が追加された。そのひとつは静的なページの機能が追加されたことである。これは通常の時系列で管理されるブログ記事とはべつのページを生成し管理することを可能としたもので、WordPressが単なるブログ管理ソフトからコンテンツマネージメントシステムへと移行するはじめの一歩であった。この版で追加されたもうひとつの重要な機能は、新しいテンプレート/テーマの機構である。これによって、ユーザーが簡単に外観を切り替えることが可能になった。また、Michel Heilemannによってデザインされたあたらしいデフォルトのテンプレート(コードネーム: Kubrick)が同梱されるようになった。
2 Duke 2005年12月31日 この版ではシステムのバックエンドが大幅に書き換えられたのに加え、WYSIWYG編集、管理ツールの改善、画像のアップローダー、投稿速度の改善、インポート機構の改善など多数の改善が行われた。またプラグインの開発者向けの様々な改善が行われた。
2.1 Ella 2007年1月22日 セキュリティ面での改善に加え、内蔵のスペルチェッカーとオートセーブ機能などを備えた編集機能の強化や、ユーザーインターフェースのデザインの修正が行われた。サーチエンジンに対するプライバシーオプションや、データベースの最適化なども含まれる。
2.2 Getz 2007年5月16日 この版ではウィジェットがサポートされた。また、完全なAtomフィードの機能の追加や、速度的な改善が行われた。
2.3 Dexter 2007年9月24日 この版ではタグ機能、あたらしいカテゴリーの分類法、アップデートの通知機能などが追加された。
2.5 Brecker 2008年3月29日 2.4のリリースはされなかったため、この版にはメジャーリリース2回分の新しいコードが含まれている。この版では管理インターフェースの大幅な改善や、個別のページを含む検索機能などが追加された。
2.6 Tyner 2008年7月15日 この版ではWordPressがより強力なCMSとなるためのいくつかの新しい機能が追加された。そのひとつは編集履歴を追跡する機能で、 Wikiのように投稿やページに加えられた変更点を知ることができるようになった。また、「Press This」投稿ブックマークレットを用いて、webのどこからでも記事を書くことができるようになった。ほかにも2.5で導入された機能に対する多数の改善が含まれる。
2.7 Coltrane 2008年12月11日 この版では再び管理インターフェースの全面的な改善が行われ、ユーザーによる自由なカスタマイズが可能となった。またWordPress本体の自動アップグレードの機能が追加され、手動でファイルを展開しなくても、管理インターフェースからの操作によりアップグレードが可能となった。
2.8 Baker 2009年6月10日
2.9 Carmen 2009年12月19日 この版で追加された主な機能は、記事や画像を復元可能な状態として残すゴミ箱機能、画像のリサイズや切抜きを行える編集機能、プラグインの互換性の自動通知機能、YouTubeをはじめとする動画の埋め込み補助機能の4つである。この他に報告されていた500以上の不具合が解消された。しかし、公開直後に予約投稿機能が正常に機能しない重大な不具合が発見され、即座に2.9.1が公開された。
3 Thelonious 2010年6月17日 この版でWordPress と WordPress MU が統合され、複数のユーザでブログを管理できるようになった。
ご覧のとおり、利用者目線で改善・改良され、今後も進化していくでしょう。

ただ単にブログソフトウェアという面だけではなく、セキュリティ面の対策でも非常に優秀な進化を遂げています。

これだけのバージョンアップを重ねながら無料で公開されているのがwordpressです。長期的に自らのWEBサイトを運営を続けたい方も、そのへんの無料ブログなんかより安心して利用し続けることが出来るのです。

 

wordpressはGoggle最高責任者のお墨付き

アフィリエイターの全てを支配しているGoogle検索。wordpressは、そのGoogle検索の最高責任者、マット・カッツ(Matt Cutts)のお墨付きでもあります。下の動画は、「WordCamp San Francisco 2009」での講演の様子を撮影した映像の動画です。



http://www.mattcutts.com/blog/seo-for-bloggers/

■3:11~
「ワードプレスを選ぶことは、非常に良い選択です。」
(WordPress is a great choice)

■3:26~
「ワードプレスは、SEOに関する多くの問題を自動的に解決してくれます。」
(WordPress automatically solves a ton of SEO issues.)

■3:35~
「ワードプレスは、
SEO(サーチエンジン最適化)の手法の
80%~90%に対応するように作られています。」

(WordPress takes care of 80-90% of(the mechanics of)
Search Engine Optimization (SEO))

如何でしょうか。

本来なら、日々の勉強や実践を経て、専門職の技術者しか施工する事が出来ないSEO対策も、ナチュラルに構成することができます。更には使用するテンプレートによってその効果をさらに飛躍させる事ができます。

等ブログでご紹介しております権威は、それに最も有効です。

権威はwordpress初心者目線で作られ、wordpressに関しても細かく詳細に記されたSEOマニュアル+SEOテンプレ-トも添付されてきます。製作者である松尾さんはSEO業界で著名な方で、その肩から発信される情報は、数々の業界に影響をもたらします。他にも3万人のユーザーと共有するSEOフォーラム等、初心者でもwordpressの機能を余す事なく使えるアフィリエイト専用テンプレートです。

無料ブログでのアフィリエイトは本当にお勧めしません。

一般ブロガーでも然程浸透していない今がチャンスなのです。こういったwebビジネスでは、ライバルを出し抜き先行することが全てです。wordpressがより一般的になり、浸透した場合、それこそ古参ブログ達に勝つ術が無くなってしまいます。

出会い系アフィリエイト.ネットでは、wordpressでのアフィリエイト活動を強く推奨します。

出会い系アフィリエイトは後発組でも簡単に稼げる穴場アフィリエイトと言えます。それに、報酬も業界水準より大幅に高額ですので、アフィリエイト成果も早く得ることが出来るでしょう。是非、出会い系アフィリエイトネットで技術を学んで頂き、貴方もアフィリエイトを開始し、高額報酬を得ましょう。

About You@出会い系アフィリエイター

You@出会い系アフィリエイター
出会い系サイトの土俵で、アフィリエイトに初参戦。開始5ヶ月で月収入20万円を突破しました。その方法やノウハウを余す事なくお伝えします。等サイトでは、自身の勉強・スキルUPを兼ねた、正しいコンテンツ作りとSEO対策を行う為の情報発信ブログです。皆様が、長期に渡って収入を得れるアフィリエイトブログが保有出来ますよう、鮮度の高い情報を日々発信致します。

コメントを残す

E-mailとwebsiteは必須項目ではありません 必要なフィールドにマークされます *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>