2017/12/17 at 5:42am
Home » ワードプレス » SEOを意識したカテゴリー別に広告や画像を表示する方法
SEOを意識したカテゴリー別に広告や画像を表示する方法

SEOを意識したカテゴリー別に広告や画像を表示する方法

パンダアップデートの導入により、1ページ内に記載されているアフィリエイトリンクの数もSEOの評価対象になりました。1ページに表示される広告数が多いと、SEOで減点されてしまうので記事内の広告は、カテゴリー別に表示させたい所であります。

カテゴリー別の広告表示で不必要な広告を削る

巷の出会い系アフィリエイトサイトによく見られる、

[管理人が出会ったサイトはこちら]→[A社][B社][C社]

と、いう流れが多く見られますが、
広告掲載による減点を避けるには

[管理人が出会ったサイトはこちら]→[その記事に適した運営会社]

に纏めるのがベストです。

ランキング上位表示に繋がるSEO対策において、多重な広告コードの掲載は大幅減点です。ですが、[出会い系][体験談][セフレ]等のビックキーワードで検索した際、上位に表示されているwebサイト群には広告多重掲載でSEO減点されているであろうサイトが多く存在します。

自ら運営するブログでは、
こういった減点対象な構造を避け、古参上位サイトを出し抜きます。

カテゴリー別に指定要素を表示するPHPコード

仕組みや理屈の説明は省きます。
カテゴリー別に指定された要素を表示させるコードはこちらです。

<?php
$post_cats = get_the_category();
if ( $post_cats[0]->cat_ID == ●● || $post_cats[0]->category_parent == ●● || cat_is_ancestor_of( ●●, (int)$post_cats[0]->category_parent ) ) { ?>
カテゴリーAの記事の表示内容
<?php } elseif ( $post_cats[0]->cat_ID == ●● || $post_cats[0]->category_parent == ●● || cat_is_ancestor_of( ●●, (int)$post_cats[0]->category_parent ) ) { ?>
カテゴリーBの記事の表示内容
<?php } elseif ( $post_cats[0]->cat_ID == ●● || $post_cats[0]->category_parent == ●● || cat_is_ancestor_of( ●●, (int)$post_cats[0]->category_parent ) ) { ?>
カテゴリーCの記事の表示内容
<?php } else { ?>
その他の記事の表示内容
<?php } ?>

elseで上記カテゴリーの、どの属性にも値しないものを表示させる事も可能ですので是非活用してください。
このカテゴリー別に広告を表示させる際、合わせて「Datafeedr Random Ads V2」を使う事によって更にパワーアップさせる事が出来ます。

出会い系アフィリエイトは後発組でも簡単に稼げる穴場アフィリエイトと言えます。それに、報酬も業界水準より大幅に高額ですので、アフィリエイト成果も早く得ることが出来るでしょう。是非、出会い系アフィリエイトネットで技術を学んで頂き、貴方もアフィリエイトを開始し、高額報酬を得ましょう。

About You@出会い系アフィリエイター

You@出会い系アフィリエイター
出会い系サイトの土俵で、アフィリエイトに初参戦。開始5ヶ月で月収入20万円を突破しました。その方法やノウハウを余す事なくお伝えします。等サイトでは、自身の勉強・スキルUPを兼ねた、正しいコンテンツ作りとSEO対策を行う為の情報発信ブログです。皆様が、長期に渡って収入を得れるアフィリエイトブログが保有出来ますよう、鮮度の高い情報を日々発信致します。

コメントを残す

E-mailとwebsiteは必須項目ではありません 必要なフィールドにマークされます *

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>